ニュース

更新日:2019.09.27

広島東洋カープ 2019年公式戦主催ゲーム終了!

本日の中日ドラゴンズ戦をもちまして2019年度の公式戦主催ゲームが全試合終了いたしました。
今季の主催試合の総入場者数は、2,223,619人となり、球団史上2番目の入場者数となりました
また、 5年連続で200万人を突破いたしました。
シーズンを通して、たくさんのご来場とあたたかいご声援をいただき、誠にありがとうございました。

ファンの皆さまのご声援のおかげで、今シーズンを戦い抜くことができました。
ご声援を送っていただきました皆さま、誠にありがとうございます!

今後とも熱いご声援をよろしくお願いいたします!



≪緒方孝市監督 あいさつ≫

今日で2019年度レギュラーシーズン、全試合の戦いが終わりました。

カープファンの皆様、1年間ご声援誠にありがとうございました。
今シーズンも開幕戦から、そして今日の最終戦まで、このマツダ スタジアムを真っ赤に染めて声援をいただきました。
そして選手に大きな力を、そして勇気をいただきました。本当にありがとうございました。
今シーズン、4連覇という大きな目標に向けての挑戦のシーズンの戦いでしたが、開幕からいいスタートが切れず、大きな連勝をしてもまたその後大きな連敗をしてしまうという、厳しいシーズンの戦いでした。
その中でも選手は最後まで諦めずに全力でプレーをしてくれました。本当に頑張ってくれました。
シーズンのこの結果、ファンの皆様の期待に応えることが出来なかったのは、監督としての責任です。そして今日の最終戦も勝つことが出来ず、順位が確定できずに本当に申し訳ありませんでした。 今シーズンのこの経験、そして悔しさをもって、また来シーズンのペナントを奪回できるように、またチーム一丸となって頑張って参ります。

1年間ご声援ありがとうございました。

最後にファンの皆様のご声援に感謝して、監督・コーチ・選手全員でサインボールの投げ込みを行いました。