ニュース

更新日:2020.11.18

森下暢仁選手「10.11月度大樹生命・月間最優秀選手(月間MVP)」受賞!

10.11月に最も活躍した投手・打者に贈られる「大樹生命・月間最優秀選手(月間MVP)」の投手部門に、森下暢仁選手が選ばれました!

森下 暢仁 選手【初受賞】
[成績] 5試合 4勝0敗0S 防御率 0.24 投球回 37 奪三振 33

投手部門は、広島東洋カープ・森下暢仁投手が初受賞。
森下投手は、先発として4勝をマーク。37回を投げて防御率が 0.24、自責点1と文句無しの成績を収め、3勝を挙げた九里投手と共にルーキーながらもチームを牽引しました。
11月1日対中日23 回戦(ナゴヤドーム)では、二桁勝利がかかった場面で8回無失点と見事な投球を披露。球団では2014年の大瀬良投手以来となるルーキーイヤーの二桁勝利を達成しました。
ルーキーの受賞は、2015年 3、4月度受賞の高木勇人氏(読売)以来5年振りで、先発投手における防御率 0.24 は、1992 年7月受賞の野田浩司氏(阪神)の 0.22 に次ぐ快挙。広島東洋からの投手部門の受賞は、2018年8月度受賞のG.フランスア選手以来です。

写真

<森下 暢仁 選手 コメント>

ありがとうございます。

しっかりチームに貢献できたかな、という思いでいます。
1年目からしっかりチームに貢献して野球をやることができたっていうのは、自分の中でもイメージ以上のことができたので、本当に嬉しく思います。

終盤は一日一日絶対勝つという思いで取り組んできたので、それに勝ちという結果がついてきてよかったと思います。
最後は自分の力をしっかり出そうと思ってやっていました。

投げる試合で野手のみなさんが毎回得点してくださっていたので、自分も何とか最少失点で切り抜けたいという思いでマウンドに上がっていました。
チームに貢献したいというか、そういう思いがより一層強くなったので、それが良かったのかなと思います。

徐々にストレートもそうですし、変化球も精度が上がってきたんじゃないかなという思いでやっていました。
本当にうまくいった1年だと思うので、来年がちょっと心配です。
これ以上の成果を出せるのかという心配があるので、来年もしっかり勝てるように準備していきたいと思います。

防御率のタイトルも取りたいなという気持ちでやっていたので、そこで1点台に乗ることができたというのは自分の中でも自信になりました。
(新人王)やっぱり取りたいタイトルですし、自分は今年しかないので取れたらいいなと思っています。

まだ全然オフの期間もどうやって過ごしたらいいのかもわからないので、周りの先輩に聞いて、しっかりとしたオフを過ごして、来年につなげたいなと思います。
来年はこれ以上の試合数をこなさないといけないので、今年以上にしんどくなると思うのでもう少し体力だったり技術だったり、疲れの取り方だったりいろいろ学んでいきたいなと思います。

チームの為に勝てるように、これ以上の成績を残せるように頑張っていきたいと思います。
ファンの方がたくさん応援してくださったおかげでこうやって野球もできたので、これからも温かい声援をよろしくお願いします!

写真
写真
写真
写真