ニュース

更新日:2021.05.17

新型コロナウイルス陽性判定について

5月17日(月)、当球団所属の菊池涼介選手が、新型コロナウイルス陽性と判定されました。
それに伴い、同日一軍監督・コーチ、選手、スタッフ全員(74名)にPCR検査を実施した結果、小園海斗選手、正隨優弥選手も陽性判定とされましたので、お知らせいたします。

① 陽性判定された選手
菊池涼介選手(30歳)、小園海斗選手(20歳)、正隨優弥選手(25歳)

② 陽性判定選手の行動履歴
【菊池涼介選手】
5月16日(日)  試合(フル出場)→自宅へ帰宅
5月17日(月)  発熱(39.8℃)
       同日、PCR検査を受診し、陽性判定
※現在熱の症状あり。管轄保健所の指示により自宅にて療養しております。

【小園海斗選手】
5月16日(日) 試合(フル出場)→自宅へ帰宅
5月17日(月) PCR検査を受診 陽性判定
※現在無症状で体調に異常なし。管轄保健所の指示により自宅にて待機しております。

【正隨優弥選手】
5月16日(日)  試合(出場なし)→自宅へ帰宅
5月17日(月)  PCR検査を受診 陽性判定
※現在無症状で体調に異常なし。管轄保健所の指示により自宅にて待機しております。

③ チームについて
管轄保健所の調査で濃厚接触者とされた選手はいませんが、球団独自の判断で大事をとり選手を入れ替えて5月18日(火)からの巨人戦(東京ドーム)の試合に臨む予定です。抹消・登録選手に関しては、決まり次第お知らせいたします。

④ 当球団の対応について
球場関連施設の選手使用エリアは全て消毒作業を完了しております。
また、本件については一般社団法人日本野球機構(NPB)へ報告済です。
弊社といたしましては、これまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策について、選手、スタッフ、関係者全員に再度周知徹底を図ってまいります。