ニュース

更新日:2021.05.26

新型コロナウイルス陰性判定および試合開催について

いつも広島東洋カープにあたたかいご声援をいただき、誠にありがとうございます。

広島東洋カープは5月26日(水)、一軍と二軍の監督、コーチ、選手、スタッフ132名に対してPCR検査を実施した結果、
全員が新型コロナウイルス陰性と判定されましたので、お知らせいたします。

① PCR検査結果について
一軍と二軍の監督、コーチ、選手、スタッフ(132名)にPCR検査を実施
受検者数:監督、コーチ、選手、スタッフ132名
結果:陰性判定 132名、陽性判定 0名

② 当球団の対応について
管轄保健所と調査を進めながら協議を続けてまいりましたが、本日の検査で全員の陰性判定が確認できましたので
チーム全体での活動を再開し、明日5月27日(木)の対西武戦(マツダ スタジアム)から通常通り試合を行います。
なお、二軍(ファーム)についても活動を再開いたします。
本件については、一般社団法人日本野球機構(NPB)へ報告済です。


当球団はこれまで以上に感染予防対策・感染拡大防止に取り組み、ファーム含め再度周知徹底をして参ります。
今後とも広島東洋カープをよろしくお願い申し上げます。