ニュース

更新日:2021.11.18

大瀬良大地選手 FA権を行使せず残留を表明!

11月18日(木)大瀬良大地投手がFA権を行使せず、カープに残留することを表明いたしました。

写真

≪大瀬良大地投手 会見全文≫

私、大瀬良大地はFA宣言せずに、カープに残留することを決断しました。

Q.残留を決めた1番の理由は。

1番は決められないんですけど、理由も数えきれないくらいたくさんある中で全てが1番だと思います。その中であえて理由の一つを上げるとすれば、僕がドラフトにかけてもらって、その時にカープから“必要だ”ということで指名していただいて、そして競合で抽選という形になったんですけど、そこで恵さん(田村スカウト)が交渉権確定のくじを引いてくれて、そこからたくさんのご縁に恵まれて今までやってこられて、そのたくさんのご縁に支えられながらここまで来ましたので、そういうご縁に背を向けることはできないかなという思いもあったので、それが理由の一つとしてあります。

Q.最終的にいつ決断しましたか。

最終的には昨日ですかね。球団の方に来季からもカープでお世話になりますと話は伝えさせてもらいました。

Q.今年早い時期にFAを獲得したがシーズン中に悩んだ時期はありましたか。

時期も結構早かったですし、考える時間というのはそれなりにたくさんあった中で、頑張って掴んだ権利だったので考えることもありましたし悩むこともありましたが、それでも考えれば考えるほどカープに対する愛着だったりそういったものがどんどん強くなっていったという感じですね。

Q.球団からはどのような声かけがありましたか。

条件提示など色々と話をさせていただいた中で、できるだけ長くカープで精神的な柱としてやっていってほしいと言葉をいただきました。そういった言葉がすごく嬉しかったですし、僕もそういった言葉をかけてもらえるだけの選手になれたのかな、という嬉しさもありました。これまでもお世話になってきたので、カープでたくさん学んだ伝統や良い所というのはカープの後輩たちに受け継いでいくものだと思いました。

Q.契約に関してはどうでしたか。

こういうご時世と言いますか、コロナ禍でいろいろ難しい所もたくさんあったと思うんですけど、僕の中では良い条件というか納得できる条件をいただきましたので、そこに対しては何もありません。

Q.ご自身の中ではなるべく長くカープにいたいということですか。

そうですね。僕の野球人生の大きな岐路というか分岐点というところでこのFA権があったと思いますので、何年契約になるかとかではなくてどこで終えるのかということも考えましたし、そういった意味でも来季からまたカープでお世話になるということは一年でも長くカープのために、ファンの皆さんのために一生懸命頑張っていきたいなと思っています。

Q.これからどのような形でチームに貢献していきたいですか。

今年はキャプテンという役職も与えてもらって、たくさん勉強させていただくこともあった中で、Bクラスという悔しい結果に終わってしまい、離脱もありましたので、来季はしっかりと先頭に立ってAクラス、優勝、日本一に向けてまたみんなで頑張っていきたいなと思っています。

Q.監督からはどのような声をかけられましたか。

僕が掴み取った権利なので家族としっかり話をして、その上で監督としてはまた来年以降も一緒に頑張りたいと思いをぶつけていただいたので、そこは素直に嬉しかったですし、また一緒に頑張りたいなという気持ちにさせてもらいました。

Q.投手も野手も若い選手が多い中でどのように引っ張っていきたいですか。

力のある選手、これからどんどん成長していくであろう若い選手もたくさんいるので、そういった選手に背中でも言葉でも、どんどん僕の姿を見てもらって、何か一つでも吸収しながらみんなで戦っていって優勝したいなと思いますし、まだまだ僕も成長していかないといけないと思っていますので、若い子たちに負けないように一生懸命頑張りたいと思います。

写真
写真