ニュース

更新日:2021.11.22

九里亜蓮選手 FA権を行使せず残留を表明!

11月22日(月)九里亜蓮投手がFA権を行使せず、カープに残留することを表明いたしました。

写真

≪九里亜蓮投手 会見全文≫

私九里亜蓮はFA宣言をせず、カープに残留させていただくことに決めました。

Q.残留を決断した一番大きな要因は何でしょうか?

どれが一番かというのは決められないですが、カープ球団には本当にお世話になりました。本当に難しくて、これが一番というのはないです。

Q.球団からはどのような言葉がありましたか。

しっかりとチームを引っ張ってやっていってほしいという言葉をいただいたので、すごく嬉しく思います。

Q.球団に対する思いはありますか?

3連覇も経験させていただいたんですが、そこから勝ててはいないので僕自身悔しい気持ちも持っています。

Q.球団への愛着はありますか?

やっぱり愛着はありますね。球団や選手の皆さんに限らず、試合の中でたくさんの声援を下さったファンの皆さんのこともずっと鮮明に頭に残っていたので、すごく愛着といいますか、印象深いといいますか、そういうところがあります。

Q.FAを取って悩んだ部分もありましたか。

そうですね。正直すごく悩んだところはありますけど、どういう選択をするにしてもしっかりとサポートをするという家族の言葉もありましたし、そういう意味では最終的には自分で決めて残留させていただくことになりました。

Q.今の気持ちはもう来シーズンに向かっていますか。

僕自身もっとレベルアップしないといけないと感じていますし、今年だけに限らずしっかりと成績を残していかないといけないと思っています。

Q.同学年の大瀬良投手の残留を踏まえて考えることはありましたか。

僕自身まだまだ大地よりも成績を残しているわけではないですし、そういう意味でももっとレベルアップしないといけないと思っています。同期として入って何とか切磋琢磨しながらやっていけるような存在になりたいと思ってずっとやってきたので、これからもそういうふうにやっていければ良いかなと思っています。僕よりも先に残留を決めて先に会見をしていたので、正直すごくやりにくいなと思いながら今日を迎えました。

Q.大瀬良投手とは話をしましたか。

大地とは話はしていましたけど、最終的には自分にとって一番良いと思う選択をすればいいからと話をしてもらっていたので、最終的には自分で決めたという感じですかね。

Q.最後に自分で決めたときに考えたことは?

やっぱり3連覇したときもこのチームで日本一にはなれなかったですし、このチームで日本一になりたいという気持ちも強かったので、その辺が大きい所かなと思います。

Q.監督からはどのような話がありましたか。

大地が言った通りですね。監督さんからは「来年も一緒にできれば」という言葉もいただきましたし、大地と一緒に引っ張っていってもらいたいという言葉もいただけたので、すごく嬉しかったです

Q.来シーズンに向けて。

僕個人としては今年だけとならないようにレベルアップをして、しっかりとチームを引っ張っていけるように頑張りたいと思いますし、チームとしてはAクラス・リーグ優勝・日本一を目指してしっかりとやっていきたいと思います。

Q.カープファンの皆さんに一言お願いします。

今シーズンはコロナ禍という状況の中球場にも足を運んでくださって、またこの状況下でできる限りの応援をしてくださったことは本当に伝わっていますし、来年からも変わらない熱い声援をしていただけると嬉しいです。変わらず熱い声援をよろしくお願いします。

写真
写真